三角点探訪日記

全国に約10万点ある三角点を訪ねている
探索人ヤナギの探訪記録
目指せ!10万訪座(笑)

第1回 万歳自然公園にある三角点(千葉県旭市) 

点名:桜井 2013年05月03日(金)【過去の記録】

概要

 千葉県旭市北部に万歳自然公園という公園があります。県道74号線で丘の縁を走っていると椿の花をモチーフにした展望台(今は花弁が撤去されている)が見えて来るので、まずはその展望台を目指します。
 この公園の南東部は広大な田園風景が広がっていますが、それは、かつて椿海とよばれた巨大な入り江だった時の名残です。この広大な田園の中心部には旧軍の飛行場跡も一部残っており、ここがいかに広大で平坦なのかを物語っています。
 話が逸れましたが、椿の花のモチーフは椿海からきているのでしょう…多分。
 また、かつては桜井城と呼ばれた城跡もあったということもあり、標石の設置ポイントとをしては最適だと言えます。

取付(※1)

 万歳自然公園はこんな感じです。

          万歳自然公園の風景

奥に先ほどの展望台が見えます。そしてその足下にはこの様な標石が設置されています。

          旭市が管理している標石

 これも標石には違いないのですが、干潟町(現旭市)が管理している標石のようです。石板を見ると経度・緯度・標高を情報を持っているので役割としては三角点と一緒でしょう。しかし目指す三角点はこれではありません。
 公園の北西方面から車1台分が侵入できるスロープあり、その上った突き当りにこの奇妙なモニュメントが屹立しています。

          電子基準点 干潟

 実はこのモニュメントも測量に関係するものなのです。電子基準点と呼ばれていて、測量に来なくても国土地理院で経度・緯度・標高などのデータが受け取れるという、関係者からすればありがたい基準点です。ちなみに、この形状は93型と呼ばれています。
 ここが標石行く為の入り口になります。

道程

 電子基準点右手を通過すると右の方に下りて行く、うすい道があります。(ほんとによく見ないとわからないかも)当時は測量に使われ間もなかったのか、目印としてピンクのテープがあり、それを頼りに進んで行きました。

          三角点桜井への道

 そして、その下りはすぐにコル(鞍部)みたいなところを通り、すぐに登りになりました。登り終えると画像からもわかるように平坦になっており、ひたすら背丈以上もある笹が密生していて視界がほぼ効かない状況になっていました。

          三角点桜井への道2

 人一人がやっと通れる程の狭い道とピンクのテープを目印に進むこと5~6分、畳二畳分位刈り払われた場所に到達しました。
 本点はそこにありました。

到達

              一等三角点 桜井

               一等三角点 桜井
            笹林にひっそりとたたずんでいました。

データ

  • 点 名 桜井
  • 等 級 一等三角点
  • 所在地 千葉県旭市桜井1894番地
  • 道 程 約10分
  • 難易度 ★☆☆☆☆

一口メモ … 夏は藪蚊などは発生しそうなので晩秋から春先がおすすめ。街中なので遭難することはないと思いますが、崖があるので転落しないように注意。


※1 とりつきと読みます。三角点につながる入口。管理人が勝手にそう呼んでいます。登山道でいえば登山口に相当するもの。 

三角点を探すとはどういうこと?

三角点を探して…

 初めまして、三角点を訪ね歩いているヤナギと言います。最初に三角点を探し始めたのが2011年9月1日だったので、かれこれ5年が経とうとしています。探訪のきっかけの話はまた別の機会に譲るとして、ここにきて、三角点探訪の記録を残しておきたいと思ったことと、三角点探訪というこの遊戯の魅力を皆さんに少しでも知って貰えたらと思いブログを始めました。末永くよろしくお願いします。
 ちなみに、全国と大きく出てしましたが千葉県在住で関東地方を主に探訪しています。あくまで目標は大きくということで…💧

そもそも三角点とは?

 ざっくりいうと地図を作製するための測量の石杭です。旧大日本帝国陸軍陸地測量部が正確な日本国の領土の正確な地図を作成するために埋設していきました。大日本帝国ということは、明治中頃から埋設され始めたということです。今現在は国土地理院が管理しています。
 また、埋められた石杭が三角形の形をしているから三角点というのかというと、そうではありません。三角点そのものは四角柱の形をしています。三角点の三角は三角測量の三角です。三角測量の説明は今は割愛させていただきますが、その測量により領土の正確な地図を作っていったのです。
 よって三角点は正確な緯度と経度そして標高の情報を持っているのです。今でも地殻の変動のモニタリングや新興住宅地を作る際の土地の造成など様々な用途で利用されています。

どんなところにあるの?

 基本、測量に使用するので見晴らしの良い場所に設置されていることが多いです。例外もありますが…。そしてもう一つが永続的に変化しない場所。それを勘案して、5年間の経験である種の傾向みたいなモノがあります。

 例えば…山頂、神社の境内、公立校の敷地内&屋上、古墳の上などです。今読んいるあなたの近所にあるかもしれません。

どうやって探すの?

 日本国が発行している官製地図、地形図には三角点の所在位置がすべて載っています。それもそのはずです、そもそも地形図を作るために埋設されたのですから載っていて当然ですね。その地形図ともう一つは点の記と呼ばれる各三角点のプロフィールみたな冊子と文明の利器GPSを頼りに探していきます。

 地形図は書店もしくは国土地理院、点の記は国土地理院のウェブサイトで閲覧できます。

三角点探しの魅力とは?

  • 本来測量に使われるものなので見晴らしがよい場所が少なくない。
  • 登山道トレースするだけの山登りではなく、等高線を読みながらや藪漕ぎなど登山の新たな魅力が味わえる。また山の中腹にあることもあるので一度言った山でも別の側面が味わえる。
  • 約10万ヵ所の目標があらかじめ設定されているので行く場所に困ることはない。
  • 目標に対してどんなアプローチがあるのか考える楽しみ、またそれを実行して達成できた時の充実感。
  • 有名観光地の場合、同時に三角点も訪ねるとその土地のディープな側面があじわえる。
  • 田んぼのあぜ道などの散歩レベルから、切り立った山の山頂や無人島などの冒険家レベルまで様々な難易度があり、個々の体力に応じての探訪ができる。
  • 徒歩や自転車など有酸素運動がメインなので健康に良い?

このブログを読んでプチ旅気分を味わっていただけたらいいなと思っています。